金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
インディビジョン[スクール]で一括資料請求
|元気100選| 総合TOP| TOPページ| 新着記事| 今日は何の日|

CADスクールに入ったら何ができるようになる?

CADは現在注目を浴びている職業のひとつで、CADを使った仕事に携わりたいと思っている人はたくさんいると思います。

しかし、実際にCADとはどういうものなのか、CADスクールに入ることによって何ができるようになるのかは分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。
ですから、ここで少しCADの事について触れてみたいと思います。

CADとはコンピューターを使って製図や図面を作成することを指しています。
正式にはComputer Aided Designと書きますが、頭文字をとりCADと呼ばれています。

もともとは建築や航空業界の設計をCADで使用して行っていたものが普及していったようです。

近年ではインテリアやアパレル業界の設計やシミュレーション作成などにもCADが使われており、幅広く活躍しています。

では、なぜこのようにさまざまな職種へ普及していったのでしょうか。CADのメリットについて説明してみましょう。

まずはCADを使うことにより製品のイメージが簡単になったと言うことです。
CADを使用する前の時代ではデザイナーや設計者が紙にスケッチするなどして平面的なイメージしか伝わらなく、綿密な打ち合わせをしても実際に出来上がってきたものと全く違っていたと言うことが多々あったそうです。しかし、CADを使うことにより3Dイメージで簡単にシミュレーションができるようになり、よりリアルにイメージを伝えられるようになったということです。

こういったメリットひとつ取ってもCADを使うメリットがあるということになります。

こういった技術をスクールなどで学んで実際に現場で役立てていけるようになっていってください。

posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールに入ったら何ができるようになるの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。