金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
インディビジョン[スクール]で一括資料請求
|元気100選| 総合TOP| TOPページ| 新着記事| 今日は何の日|

CADスクールで資格を取る意味

CADスクールで資格を取る意味
CADスクール 資格情報

近年「資格」に対する興味や関心が高まってきているような気がします。スキルアップのために資格を取る。何かやりたいから資格を取るなど一人が2?3個資格を取得していても今は何の不思議もない時代になってきました。

そのくらい新しい資格は年々増えているし、受験者数も増えているということなのかもしれません。
ここではCADの資格について焦点をあててお話してみたいと思うのですが、せっかくCADのスクールに通って知識と資格を得ても、その後それを活かしている人もいれば、まったく活かしていない人もいます。

資格を活かせる人と活かせない人の差と言うのは目標意識があるかどうかの差ではないかと思います。

結構勘違いしている人もいるのではないかと思いますが、CADのスクールに通って無事に修了し、資格を取ったからと言ってその後の仕事や人生が保障されるというわけではないということです。

ただ、だらだらとスクールに通うのではなく自分がCADを習いたい理由、卒業したらどうしたいのかという目標を明確にして授業や資格取得に望むことが今後の人生に役立っていくのではないかと思います。

CADスクールに入学する前に自分がこのCADを習得し、どうしていきたいのか、自分が就きたい仕事には本当にCADの資格が必要なのかをよく考えてみて、それから入学するとより効率よくスキルアップすることができると思います。
それが、スクールに通うという意味なのではないでしょうか。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 06:30 | Comment(0) | CADスクールに行って資格を取る意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「上司との付き合い方」は大事

「上司との付き合い方」は大事
CADスクール 資格情報

上司との付き合い方は、ほとんどの人が一度は悩む事なのではないでしょうか。
上司が非常に紳士的かつ人格者である場合は、そうでもないかもしれません。しかし、そうそう簡単に品行方正な人間が上司になるというわけにもいきません。
それぞれ、癖のある人が多いですし、そういった上司に翻弄されてしまう新入社員も少なくありません。
ですが、それに対して物言いをするのは明らかにビジネスマナー違反です。ビジネスの世界は体育会系以上に縦社会構造が明確で、上司に逆らう事は会社に逆らう事を意味します。
ビジネスマナーを遵守する為には、上司に対して口答えをする事は許されないのです。
では、そりの合わない上司とどのように付き合っていくか。
それはまず、上司の人間性や性格を分析するところから始めましょう。ワンマンタイプなのか、平和主義なのか、理論派なのか、放任主義なのか。
何が好きで、どのような趣味を持っているのか。
そういったことをある程度リサーチできたら、後は会話あるのみです。
上司との摩擦のほとんどは、コミュニケーション不足が原因といわれています。
コミュニケーションを積極的にとることで、解決できるケースが多いということになります。
その際の会話で、事前のリサーチを存分に発揮すれば、上司との間にあった壁を取り除く事ができるでしょう。
上司との付き合い方としては、以上の事を守ると良いでしょう。

・言葉遣いは丁寧に
・飲みに誘われたらできるだけついていく
・怒られた際、助言を受けた際は真摯にそれを聞く姿勢を作る
・反抗的な態度は取らず、意見が食い違う場合はできるだけくだけた席で
・相談を積極的に持ちかける
・趣味に対する話を振る


こういった上司との付き合い方も、ビジネスマナーのひとつです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 13:03 | Comment(0) | ビジネスマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会人の挨拶 名刺交換

社会人の挨拶 名刺交換
CADスクール 資格情報

meisikoukan.gif


社会人にとって、挨拶がどれほど重要かというのは、既に前述したとおりです。
では、社会人にとっての挨拶というのは、普通に言葉と礼だけのものかというと、そうとは限りません。

初対面の相手の場合は、必ず行われる、社会人ならではの挨拶。
それは、名刺交換です。
名刺交換は、初対面の相手に対して行うビジネスマナーですね。
これは単に、個人の挨拶というわけではありません。
自分の会社、自分の部署を代表して、という意味合いがあります。
その為、名刺交換というのは、普通の挨拶以上に重要なビジネスマナーと言えるでしょう。

その名刺交換ですが、単に名刺を出して相手の名刺を受け取るだけではダメです。
しっかりとした交換の仕方というものがあり、それができなければビジネスマナーを守ったとはいえません。
まず、こちらから相手方を訪問する場合は、必ず名刺入れから必要枚数を抜いて、取り出しやすい状態にしておきましょう。
次、交換の際はたとえ着席していても必ず立ち上がる。
常識と言えば常識ですね。
さらに、名刺を渡す時、もらう時も重要です。
ポイントは胸で、渡すのも受け取るのも、胸の高さで行うのが基本です。
渡す時は自己紹介をしながら渡し、受け取る時は白紙部を持つようにしましょう。
受け取る時には「頂戴致します」などの言葉を発するのが好ましいですね。

名刺交換のポイントは、手間取らない事と、手間取らせない事、そして胸の高さで交換する事です。
以前、長野県の元知事が目の前で名刺を折られた事がありました。
ああいう事をする者は、たとえどんな事情があろうと、その時点でマナー違反、すなわち社会人失格です。

自らの格を下げるだけでなく、所属する会社や団体の格まで下げてしまうので、やめておきましょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 09:54 | Comment(0) | ビジネスマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格(後編)

CADスクール 資格情報 転職マニュアル
資格(後編)





様々な資格がありますが、転職に有利になりそうな資格をあげてみましょう。
例えば今の高齢者社会から最近ニーズがあるのが「ホームヘルパー」資格です。
「ホームヘルパー養成研修」を受講することで取得できます。
ホームヘルパー2級くらいを持っていると書類選考で有利です。
介護の専門職に関する国家資格としては「介護福祉士」もあります。

「Mac関連スキル」も多くの職種で必要とされています。
グラッフィックデザイナー、編集、制作、企画、マーケティングなど。
専門性の高いデザインはMacが適しているのです。
Macスキルを持っていると転職に大変有利です。

「CAD」も使えるとグッと仕事の幅が広がります。
設計、製図が行えるのです。
パタンナー、設計士、デザイナーなどCADが使えると多くのデザインなどが作れます。

「宅地建物取引主任者」は、建物の売買を仕事とする際に必要な資格です。
不動産の契約締結の際、重要事項の説明を行います。
不動産屋の営業、住宅メーカーのアドバイザー、事務職にも有効な資格です。
「建築士」や「インテリアコーディネーター」の資格なども一緒に持つと更なる仕事の強みとなります。
インテリアコーディネーターは、インテリアの建築の知識を駆使して消費者の要望に的確なアドバイスをします。

「診療報酬請求事務能力認定試験」
医療事務のお仕事をする際に必要な資格です。
医療事務の資格制度として厚生労働省が唯一認定した試験です。
年2回開催されています。
医療事務は、医療機関にてレセプトの作成や窓口受付などを行います。
募集も多いため結婚、出産後もこの資格を持っていれば、職に就きやすくなります。





posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 11:27 | Comment(0) | 仕事 資格関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。