金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
インディビジョン[スクール]で一括資料請求
|元気100選| 総合TOP| TOPページ| 新着記事| 今日は何の日|

今CADスクールが熱い理由

インディビジョン[スクール]で資格を取ろう!
  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

今、CADスクールが熱い理由
CADスクール 資格情報

平成21年度版CAD利用技術者試験 2級・基礎公式ガイドブック

平成21年度版CAD利用技術者試験 2級・基礎公式ガイドブック

  • 作者: コンピュータソフトウェア協会
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


近年、CADスクールに通って資格を取得している人の数が増えています。
その理由としてはCADを扱える人の人員不足にあるのではないかと考えられます。
では、なぜ人員不足になっているのかと言うと昔は設計事務所や建設会社位でしか必要とされなかったCADが、今では電気や機械、インテリア、アパレル、設備、車など幅広い職種で必要とされるようになったのが背景にあるのではないかと思います。

実際に新聞や雑誌の求人を見てみるとかなりの企業からCADを使える人の求人があることが分かります。それだけ求められていると言うことが分かります。

こういった求人情報を目にした人がCADスクールに通うきっかけになるのかもしれません。

しかし、ここで疑問が上がるのがCADを習うのに年齢制限はあるのかと言うことだと思います。
CADは技術を習得すると言うことです。年齢はあまり関係がないと思います。

ただし勘違いしないで欲しいのがCADスクールに通ったから、技術を習得したからと言って必ずしも就職できるとは限らないと言うことです。でも、資格を取得していると取得していない人に比べて就職の際に有利になる場合があるということかもしれません。

CADスクールのサイトなどを見てみると、卒業生の声や主な就職先などが記述されていると思いますので、ぜひ見て参考にしてみてください。

以上のようなことから、今CADスクールが熱いという理由がお分かりいただけるかと思います。是非参考にしてみてくださいね。

総合スクールサイト★インディビジョン[スクール]
posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:56 | Comment(0) | 今、CADスクールが熱い理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールに通いたいけれど

CADスクールに通いたいけれど・・・
CADスクール 資格情報

CADを勉強するにあたって、まずどうやって勉強をしていくのがいいのか、どうやって勉強するのが効率よく勉強できるのか考えると思います。
専門学校やスクールや各種講座などで、直接先生に教わりながら学ぶという方法、通信教育のように時間をかけずに自分の好きな時間に勉強して、添削をしてもらうという方法、独学で本やサイトを見ながら頭に叩き込んでいくという方法、一番楽なのは職場で実践を積みながら技術を習得していくという方法など、たくさん学び方はあると思います。

CADスクールに通うと言うのは資格を取得するという目的があったりCADというものの知識を得たりするためにはいいきっかけになるのではないかと思います。
資格を取るための試験ポイントなども取得することができるし、通信や独学では得られない知識をたくさん得られると思います。

しかし、大切なのはスクールに通うと言うことではなく、仕事にどうやって学んだことを活かしていくかにかかっているのではないでしょうか。

どのCADスクールに入学しようかどうか探していく上で、どういう基準で学んでいこうとするのか決めるのは非常に大切なことだと思います。通学にしようと通信にしようと独学にしようと、どれにしてもメリット・デメリットがあると思いますので、よく比較検討して決めるようにするのがいいと思います。
その上で、自分がCADスクールに通いたいかどうかなど考えて決めてみるのもいいと思います。

実務で使えるCAD技能を完全マスター!
「AutoCAD」「Jw_cad」で活躍する専任講師が個別指導!
CADの定番資格「CAD利用技術者試験」1級に完全対!
>>情報満載の詳しい資料を【無料】で進呈中!<<
posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:54 | Comment(0) | CADスクールに通いたいけれど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールを考える

CADの世界、今人気がある職業のひとつだと思います。
CADで就職や転職などを考えている場合ですが、経験者ならともかく未経験者の場合は年齢的に早い方がいいと思います。

年齢が少しいってくると実務経験が物を言ってくると思います。それだけの事が要求されると言うことです。結構厳しい世界ですよね。

CADに慣れておくにはやっぱり独学や実務で経験を積むよりはスクール、通信、専門学校などを利用してみるのがいいのではないかと思います。

一口に学校に言って学んだ方がいいと言ってもお金と時間がかかります。限られた時間と予算を有効活用するために、またCADの資格を取得したいと願うのであれば教育給付金の対応を行っているスクールもあるし、体験コースや短期集中コースなどもありますので、いろいろな情報を仕入れておくと選択肢が広がると思います。

CADの就職先としては設備、設計、建築、電子、機械、車、インテリア、アパレルなどざっと挙げてみてもこれだけの職種があり、今は即戦力が求められています。

就職した後に即戦力として働ける基礎作りをスクールなどで行ってみてはいかがでしょうか。

ソフトの使い方や、CADとはという説明や基礎知識、資格取得のための勉強とさまざまな角度からCADに関する勉強ができると思います。

自分のキャリアアップのためにも、ぜひスクールなど考えてみてはいかがでしょうか。きっと転職や就職に有利な資格も自身も持てると思いますよ。



posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールの選び方

CADスクールの中でもインテリアや建築など職種を限定したケースを扱っているスクール選びについて、説明してみたいと思います。

まずはインテリアの職種についてです。一言でCADインテリアスクールと言っても受講内容やコースはさまざまなものがあると思います。

資格を必要としない人の為のプロ養成講座、資格を必要とする人の為の試験対策講座などさまざまあるでしょう。

CADだけを見てみるのもいいのですが、インテリアの職種など限定して進みたいという目的があるのであれば、資格取得と言うことも考えられると思います。受験資格が必要となる試験ももちろんあるでしょうから自分が目的としている資格の内容などをきちんと把握した上でスクール選びなどをした方がいいのではないかと思います。

建築業界のCAD関連に進みたいと思っている方は、顧客のニーズに合わせた対応もできるようにしないとなりません。
ですから建築業界のことにとどまらず、さまざまな職種の知識も把握しておくようにすると、将来的に仕事の幅がでてくるようになると思います。

ですからスクールを選ぶ条件として、職種がひとつのみになっていないか、レベルごとにコースが選択できるようになっているかなどの選択肢を増やしてもいいと思います。

基本的にスクール選びの基準としては、初心者も学べる環境がある。つまり基礎から応用までしっかり学ぶことができる環境が整っているかが鍵となるような気がします。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADの勉強の仕方

CADを今から勉強したい、学びたいと思っている方はいらっしゃると思いますが、どうやって学んだらいいのか分からないと言う方も多いと思いますので、どんな勉強の仕方があるのかご紹介してみたいと思います。

【独学】
既にCADを取得している人の中には、CADを学ぶのであれば独学で充分だと言う方も多いと思います。独学である程度の基礎知識さえ学んでおけば、あとは実践で経験積みながら学べば大丈夫と言う人もいます。

もちろんこの方法でも間違いではないのですが、パソコンなどの知識がある程度わかる人に限られる話なのかなと思います。
本当の初心者で独学として学ぼうとする場合は、かなりの強い意思と時間がかかると思います。

【専門学校やスクール】
CADを基礎からしっかり学びたいのであれば専門学校やスクールに通うのが一番、近道なのではないかと思います。

学校と一言で言っても形態はさまざまあり、高校卒業と同時に専門学校で学ぶという場合、社会人が働きながら夜や休日に数時間教えてもらえるスクールという形態、工業デザインや建築関係の授業を行っている大学という形態とさまざまあると思います。

CADオペレーターやCADデザイナーを目指しているのであれば専門学校に入り、集中して勉強するのもいいのではないでしょうか。

転職などを考えている人にとっては、まず資格を取りたいと思う人もいると思いますので、そういう場合はやっぱりスクールに通うのがいいのではないかと思います。

どういった形態で学ぶにしろ、自分に合った形で納得をして始めるのがいいのではないかと思います。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADの勉強の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールに行って資格を取りましょう。

CADスクールに通う目的のひとつとして資格を取りたいと思う方も多いと思います。

スクールによっては資格のための授業を行っているところもあると思います。

そこでどういった試験や資格があるのかご紹介してみたいと思います。

【建築CAD検定試験】
全国建築CAD連盟が認定している資格となります。

種類は2級・3級・4級の3段階に分けられます。
受験時期は連盟が認定している学校やスクールに属している人の場合は4月・7月・10月・11月の年4回行われます。
認定されていないところに属していない、または一般で受ける場合は4月・10月の年2回行われます。
下記に各級の受験内容を説明します。

○4級
実技試験となります。
課題が3問与えられますのでCADを使って時間内に完成させます。

○3級
実技試験となります。
課題が4問与えられますのでCADを使って時間内に完成させます。

○2級
実技試験となります。
課題は建築一般図2面が与えられますのでCADを使って時間内に完成させます。

【CADトレース技能試験】
この試験はさきほどとは違い中央職業能力開発協会が認定する資格となります。
建築と機械の部門に別れていて、それぞれ初級・中級・上級があります。

このように、資格を取るための試験というのは年に数回あります。自分がとりたいなと思う資格を見極めて試験を受けてみるなど、スキルアップの為に受験してみてはいかがでしょうか。その為にスクールでは知識などを身に付けられると思いますよ。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールに行って資格をとりましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADに関する資格

CADスクールなどに通う目的のひとつとして資格を取りたいと思う方もいると思います。

ではCAD関連の資格に関していったいどういう資格があるのかご紹介してみたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

【CAD利用技術者試験】
このCAD利用技術者試験は民間の試験ですので国家資格ほどの権力はありませんが、就職や転職の際に有利になる資格のひとつとなっています。誰でも受験することができ、今では2万人も及ぶ人が受験しています。

【CADトレース技能審査】
この審査は民間よりは少しだけ力がある資格で、厚生労働大臣認定の公的な資格ということです。
誰でも受験することができるわけではなく、実務経験があるひとという条件が付きます。

【建築CAD検定】
全国建築CAD連盟が主催している民間の資格になります。
試験内容は建築の図面のトレースという実技のみですが、レベルに合わせて2?4級という段階で分けられています。

【CAD利用技術者試験】
この資格は社団法人日本パーソナルコンピューターソフトウェア協会が認定している資格になっていて、種類は1級と2級の2種類あります。

また、試験は年に6月と11月の2回行われています。

検定料は2級が5000円、1級が14000円になっていて、併願する場合は17000円になります。

以上のようにさまざまな試験、資格がありますのでぜひ受験してみてはいかがでしょうか。きっとご自身の自信にも繋がると思います。



posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | CADに関する資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールを卒業したら?

CADスクールを卒業したら就職先にはいったいどういうところがあるのでしょうか?
分からなくて不安になってしまったりする方もいるかもしれません。

そこで、ここではCADスクールを卒業する、しないに関わらずCADを使った就職先にはどういったところがあるのかご紹介してみたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

CADの知識を取得している人や学校を卒業した人は現在さまざまな場所に就職をしています。

主に多いのは設計事務所や建設会社などですが、デザイン事務所、製造メーカー、CADスタジオ、CADの関連会社に就職している方が多いようです。

ちょっと変わったところではソフトウェア会社、製作などをしているプロダクション、コンサルティング会社などに就職するかたもいるようです。

正社員で雇用される場合は給与など、経験や職種などで変わってきますから一概にいくらとは言えませんが、最近では就労体系もさまざまあり契約社員や派遣社員といった働き方もあります。派遣の場合は時給換算でお給料をもらうことが多く、経験を積めば高くなりますが相場的には1000円から2000円といった感じが多いようです。
自分のライフスタイルに合わせてどうするかきちんと考えてみてはいかがでしょうか。

また、正社員で働く場合は資格があるかどうかで手当がつく場合もありますので、スクールなどで資格が取れる環境にあるのであれば資格は取っておいた方がいいと思います。




posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールを卒業したら? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADのお仕事

現在CADのスクールに通っている方は多いと思います。
資格取得のため、スキルアップのためなど目的はさまざまだと思います。

スクールを卒業したあとどんな職業に着いたらいいかなど悩むことも多いのではないでしょうか。
そこで、CADを使った職業にはいったいどういう職業があるのか、ご紹介してみたいと思いますので参考にしてください。

【CADデザイナー】
簡単に話すとCADを使用して設計図、建築物の完成予想図、都市計画のシミュレーションなどをデザインする仕事です。

【CADオペレーター】
建築士や設計士が作成した図面とかCADを使って製図する仕事です設計士たちがCADを使用して作成する場合ももちろんあるのですが、時間がかかってしまうために専門で製図してくれるCADオペレーターに依頼しているのです。

【建築士】
基本的には建築物の設計、工事や現場の管理を行います。
少し前まではCADが普及していないせいもあり、手書きで設計書などを書いていたりしたのですが、普及に伴い、また時間短縮のために今では建築士自らCADを使用しながら設計しているのです。

【工業デザイナー】
さまざまな職種における工業製品のデザインを仕事としています。例えば自動車、バイク、航空機などの乗り物などや、文房具、家具、電化製品などをデザインしていてこれらはCADを使用してデザインされているのです。

このように職種に関わらず多岐に渡って活躍することができるのがCADを使ったお仕事なのです。

posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールに入ったら何ができるようになる?

CADは現在注目を浴びている職業のひとつで、CADを使った仕事に携わりたいと思っている人はたくさんいると思います。

しかし、実際にCADとはどういうものなのか、CADスクールに入ることによって何ができるようになるのかは分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。
ですから、ここで少しCADの事について触れてみたいと思います。

CADとはコンピューターを使って製図や図面を作成することを指しています。
正式にはComputer Aided Designと書きますが、頭文字をとりCADと呼ばれています。

もともとは建築や航空業界の設計をCADで使用して行っていたものが普及していったようです。

近年ではインテリアやアパレル業界の設計やシミュレーション作成などにもCADが使われており、幅広く活躍しています。

では、なぜこのようにさまざまな職種へ普及していったのでしょうか。CADのメリットについて説明してみましょう。

まずはCADを使うことにより製品のイメージが簡単になったと言うことです。
CADを使用する前の時代ではデザイナーや設計者が紙にスケッチするなどして平面的なイメージしか伝わらなく、綿密な打ち合わせをしても実際に出来上がってきたものと全く違っていたと言うことが多々あったそうです。しかし、CADを使うことにより3Dイメージで簡単にシミュレーションができるようになり、よりリアルにイメージを伝えられるようになったということです。

こういったメリットひとつ取ってもCADを使うメリットがあるということになります。

こういった技術をスクールなどで学んで実際に現場で役立てていけるようになっていってください。

posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールに入ったら何ができるようになるの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AutoCADについて

今、CADスクールで教えているCADソフトで一番多く取り扱われているソフトは「AutoCAD」というソフトだと思います。
このAutoCADは世界的に高いシェア率を誇っているソフトウェアで、オートデスク株式会社(Autodesk, Inc)という会社で製造している製品の名称になります。シェア率が高いだけあって、各国の言語に対応したソフトウェアが販売されています。

このAutoCADのソフトには種類があり、「AutoCAD」「AutoCAD LT」という二つの種類があります。

それぞれ説明してみますと、「AutoCAD」に関しては、3次元の作図を作成することができ、作成された図面をデータにしてパソコン上で管理することが出来るような高度な機能が備わっているCADソフトになります。
「AutoCAD」とはちょっと違って「AutoCAD LT」は「AutoCAD」から2次元の機能を取り出したソフトウェアで「AutoCAD」よりは少しお手軽に使いこなすことができるソフトウェアです。

こういった、ソフトウェアを使ってCADを教えているスクールは日本にたくさん存在します。汎用的なソフトを使って基礎的なCADの技術を学ぶことはとても大切なことだと思います。また、ある職種に特化したソフトウェアを扱っているスクールもあります。

自分がやりたい目標となることを明確にして、入学するときにスクールに確認したりするようにすることがよりよいキャリアアップに繋がるスクールライフになるのではないかと思います。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | AutoCADについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクール【基礎コース】

CADをある程度使えるようになった方で、さらにワンランク上の技術を学びたいと思う方はいると思います。

しかし、スクールに多くの時間とお金をかけるほどでもない。そうですよね。スクールに行くと何十時間もかかるうえに毎週いつって固定で決められてしまって束縛感もでるし、何かと行きにくいですよね。

そういう方用にスクールによりますが、短期の講座と言うものを開設している場合があります。忙しい方や、ちょっとどういうものか経験して触ってみたいなどと言う方にはぴったりのシステムではないかと思います。

以下にあるスクールの講座例をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

この「基礎コース」と言うのは、AutoCADにおいて2Dの作図機能、編集機能を習得した人を対象に行われるコースで、新たな機能である3D機能を習得するためのコースとなります。

講座の内容としては以下のような事を基準として実施します。
・3Dのモデリングの作成手法
・3Dモデルの編集方法
・3次元データを2次元データにする方法

などなど他にも授業内容の項目はあるようです。

3日間で基礎的なものを学ぶので内容の深くまでは突っ込めないのは難点だとは思いますが、これから学んでいくための基盤位にはなると思います。

こういった講座はスクールなどを調べると比較的たくさん出てくると思いますので、ぜひ調べて自分に合うような授業内容の受講を検討してみてはいかがでしょうか。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクール【基礎コース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールを体験する

CADスクールに入りたいと考えている方はいっぱいいると思います。調べていくうちにどういうスクールに入ったらいいのか本当に迷うと思います。そういうときには各スクールで行っている体験コースなどを申し込んでどういう授業内容なのか確認してみるのがいいと思います。

CADの実務経験があるのであれば、どういった内容でどういうソフトを使って、どういう風に作業を進めていくかなどある程度想像が出来ると思いますが、全くの初心者の方でCAD自体どういうものなのか分からないといっている人にとっては、全然わからないですよね。いきなりスクールに入学して、「私がやりたいものと違った」なんて思ってももう遅いのです。

こうならない為にも、各スクールで行われている体験コースなどに積極的に申し込んで授業を体験してみてはいかがでしょうか。私には難しいかもと思って悩んでいた不安ごとももしかしたら大丈夫と思って入学する勇気がわいてくるかもしれませんよ。

自分が興味を持った物事に対して、不安を抱えるというのは当然のことだと思います。しかし頭で考えているだけだと全然前に進みません。積極的に資料を集めたり体験コースを申し込んでみたりするなどして、少しだけでも体験してみてはいかがでしょうか。学校の雰囲気、先生の印象、また学校前の所要時間や周りの雰囲気など授業以外の事も見えてきたりすると思いますよ。

こうやって体験してみることで、自分に合うスクールが選べるようになると思います。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクールを体験する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAD短期集中ベーシックコース

CADを学びたいと思う方に!CADの学び方などはたくさんあります。

例えばスクールの中でも何十時間もかけてしっかり学ぶというコースと、短期的にがっちり学ぶコースとあります。

ここではあるスクールにおける短期集中ベーシックコースのスケジュールや授業内容について説明してみたいと思います。

まず、ベーシックコースでは初心者を対象として授業を行っています。

3日間という短期でAutoCADや2次元図面を作成する上で最低限に必要な知識や操作方法を学びます。
こういった短期のコースを受ける人は以下のような方が合うのではないかと思います。

・このスクールが終了したあとすぐにでも実践で使う予定のある方・忙しく時間が無いので集中的に学びたい方

授業内容例
○1日目○
・AutoCADの起動の仕方と画面構成
・作図の為のコマンドの使い方
 (線・ライン・円・長方形など)・作図に関する補助的機能の使い方
・作図を修正するためのコマンドの使い方
 (削除・複写・移動など)

○2日目○
・作図を修正するためのコマンドの使い方
 (トリム・延長・尺度の変更など)
・プロパティやグリップなどの上記以外の修正方法
・尺度とは!

○3日目○
・文字(文字の編集や文字の配置などの位置合わせなど)
・寸法の扱い方
・印刷の仕方

などです。結構集中的に学ぶことが可能だと思います。スクールなどで短期的にこういったコースが開かれているのを見つけて手始めにやってみるのもいいのではないでしょうか。




posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CAD短期集中ベーシックコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクール体験コース

CADを習いたいと思っても、スクールに通うには何十万円も何十時間もかかるし、そんなにしてまでスクールに通いたくないと思う方は意外に多いのではないでしょうか。

しかし、仕事でCADを使うようになるけど、簡単な使い方を知りたい。独学で学んでいきたいけどとっかかりだけでもスクールで習うことができたら。と思う方はいろいろなスクールで開催している体験コースや1日だけの講座などに参加してみてもいいかもしれません。

以下にあるスクールで行われているAutoCADの1日コースの内容をご紹介してみたいと思いますので選択肢のひとつに入れてみてください。

○1日コース
AutoCADを使ったことがない初心者の方が対象となるコースです。
AutoCADを使うために最低限必要となる作図や編集に使われるコマンドの使い方や、印刷の仕方などを学びます。

また、各スクールではそれ以外に他のコマンドや設定方法なども学べるかもしれません。

授業内容としては、AutoCADの起動の仕方や画面構成などから作図に関するコマンドの使い方、修正や編集のコマンドの使い方、寸法の測り方や計算の仕方、またそれらの印刷方法などです。

以上のようなことを1日のみでスクールできちんと学ぶことができるので、ちょっと体験してみたかった人、基本的な操作方法がわからなかった人にはいい授業内容だと思います。

料金も比較的安価でできると思うので各スクールに問い合わせなどしてみてはいかがでしょうか。



posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクール体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADを学びたい方へ

CADを学びたい方へ、CADに関する基本情報をお伝えしたいと思います。
スクール等検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

CADとはComputer Aided Designを略した名称のことで、コンピューター支援による設計であるという意味です。

どういうものか簡単に説明すると、今まで手作業で製図や設計図などを作成していたものを専用ソフトとか使用し、簡単にキレイに製図すると言うことを指しています。
今では建築・設計業界だけでなく、航空、アパレル、インテリア、車などさまざまな職種でCADが導入されていて活躍の場は広がりつつあります。

ですからCADソフトが使えると言うことが必要となり、その基礎知識を学ぶためにスクールに通うということになるのです。

CADソフトを使うことにより、修正が手軽に出来るようになり、データの受け渡しも電子媒体でできるので簡単に、しかも早く送ることができます。

そのCADを学ぶのにはスクールが最適なのではないかと思います。初心者向けの授業ももちろんあるはずですので、誰でも安心して学ぶことができると思います。
ただ注意しなければならないのは安易にスクールを選んではいけないということです。
例えば場所、内容、授業料などさまざまな点から考慮して自分に合ったスクールを見つけることも大事です。
体験などを行っているスクールもたくさんあると思いますので実際の授業風景などを見て、雰囲気を味わってから決めるのもおすすめです。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADを学びたい方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールに通って資格を取る!

何かしら資格を取って、将来の為に役立てたい。自分磨きのため、スキルアップのために資格を何かしら取っておきたいなど、今、資格を取ろうと考えている方は本当に大勢いて、実際にスクールに通っている人も大勢いると思います。

そこで最近人気があるCADの資格でも取るためにスクールに通おう。きっと将来何かの役に立つだろう。と安易な考えでスクールに入ってくる方も少なくはないのです。

しかし、きちんと目的意識を持って入学してくる人との差は歴然としていて、どこか中途半端になりがちになります。例えば今日は面倒だから学校休んじゃえとか、資格はとったから後はもう授業出なくてもいいやとか言った感じです。

決して勘違いをして欲しくないことは、資格を取ったから将来は安泰だと思わないで欲しいと言うことです。資格を取ってもそれを自分で活かさない限りは宝の持ち腐れになってしまいます。

現状、CADに関しては今やスクールが大人気の状態になっています。なぜかと言うと実際に今CADを使いこなせる人が不足しているのに対し、CADを使える人が欲しいという企業との需要と供給のバランスが崩れているのが原因とされているようです。

そのことを私たちも知っているからか、求人があるのであればCADの資格を取りにスクールに行こうと考えてしまうわけです。

資格だけなら独学でも可能ですが、実技が試験科目という試験もあるために、できればスクールにいくことをおすすめします。

posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADスクール行って資格を取る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールが人気の訳

現在、CADのスクールがとても人気があるってご存知でしょうか。人気があるのは知っていたり、CADという言葉を知っていたりはするでしょうが、意外とCADの意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

CADとはコンピューター支援設計のことで、【Computer Aided Design】が略されたものです。

昔は製図やトレースなどは人が手で書いていたものですが、近年ではCADが変わって注目を浴びています。
理由としては、手作業より修正や寸法などの計算が遥かに楽で簡単だと言うこと、CADで仕上げた図面を簡単にコピーしたり送ったりすることができるということとかではないかと思います。
より、時間の効率化にも繋がっているということなのですよね。

CADって難しくないかとか自分には使えないのじゃないかとか考える方も多いと思いますが、CADはパソコンの中にある電卓とコンパスと考えてみてください。パソコンの中にあるソフトを使う訳ですからパソコンを触ったことがない人がやろうとすると確かに難しいかもしれませんね。

しかし、他の人よりは時間がかかるかもしれませんがひとつひとつ丁寧に仕上げていくことでちゃんとできるようになると思います。
また、スクールの利点としてはCADのソフトを使えるというところにあると思います。比較的このソフトは高いので単純に買ってしまうのは大変ですよね。知識も教えてもらい、使い方も習得することができ、資格取得するまでの勉強もできるのはやっぱりスクールならではの環境でないでしょうか。



posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | CADスクールが人気のわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADの通信スクール

CADをきちんと学びたいとスクールを考えるとき、通学にしようか通信にしようか、自分で独学にて学ぼうか本当に悩むと思います

独学で学んで資格まで取れるのであれば、お金もあまりかからないし一番いいかもしれませんね。
しかし、独学で学ぶと言うのは大変なことで、かなり強い意思と勉強のコツを掴んでいなければならないと思います。

しかし、時間の都合などスクールに実際に通いたくても通えない場合があります。
そんな方には通信教育の通信CAD講座というものを推奨します。
時間に縛られることなく自由な時間に勉強することができるのと、わからないことがある場合はメールで質問すると、詳しい解説がメールで返ってくるという利点もあります。

通信のCADスクールであっても充分に勉強はできると思いますのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

CADのスクールの中には実務において数ヶ月で覚えられてしまうような知識にたいして何十万円も授業料を取るスクールもあります。
ですので、授業内容など中身をよくみて選択する必用もありますし、本当に自分の習いたいものなのか再検討してみる必用もあると思います。

例えばCADの資格が目的で習いたいと考えている場合はCADスクールに入ってきちんと学びたいと考えて入る場合もあるでしょうが、あまり目的がなく、スキルアップのためと思うのであれば何十万円もかけなくても、もっとリーズナブルに受講できるものもあると思います。


posted by CADスクール 資格情報 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | CADの通信スクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。